電子マネーってどれくらい種類があるの?

現在、多くの電子マネーがありますよね!しかし一体どれくらいの種類があるのでしょうか?
実はあまり知らない人も多いと思います。なのでここでは簡単にそれを説明していきますね!

まず代表的なのは交通系のICですよね。多くの人が電車やバスで利用してると思います。あれがないとむしろ不便だなぁ~って思っちゃいますよね。
例えばSuica(スイカ)、PASMO(パスモ)、関西であるならICOCA(イコカ)、 PiTaPa(ピタパ)といったものが有名ですね!
私は関東の人間なのでPASMOを使ってます。これも便利ですよね~!電車やバスはもちろんのこと、朝の忙しい時間にコンビニでさくっとパンやお菓子を買えたり、最近じゃ自動販売機でも使えたりしますよね!

他には街中での買い物利用メインの電子マネーです。プリペイド型の楽天EdyやWAON(ワオン)、ポストペイ型のiD(アイディ)やQUICPay(クイックペイ)といったものが有名です。
楽天Edyでは楽天スーパーポイントを貯める設定にしているならサークルK・サンクスではポイントが2倍になったり、WAONはイオングループで5%オフやポイントが2倍になったりと多くの優待日を設けているんですよ!
このようにそれぞれの電子マネーによって異なった特徴を持っているんです!どうですか?ご存知でしたか?なかなか奥が深いですよね!(笑)

しかしこういった電子マネーを使うのが不安!って人もいると思います。実は僕もどちらかというとそっちのタイプの人間で、だいたい1000円くらいしかチャージしないんですよ。
だって不安じゃありませんか?お金が電子化されるって理屈では分かってますけど、それってお金があってないようなものですもんね。
なのでちょっとした移動や買い物は僕は電子マネーを利用していますが、急にお金が必要になった時や、幅広くお金を使いたいときは僕は消費者金融のキャッシングを利用してます。

キャッシングも最初は不安だったんですけど、お金がなくてなくてとにかく困ってるときに藁にもすがる思いで調べてみたんです。
色々調べている中、このサイトに辿り着きました。
ここを見てからは今の消費者金融のキャッシングをあまり不安に感じる必要はないんだなって思うようになりました。
むしろちょっと詳しくなりすぎたくらいです(笑)
幅広く自由にお金を使いたいなら僕はキャッシングがオススメです!是非検討してみて下さいね~!